DPスティックを用いた2分間鼻腔麻酔法

当サイトが推奨する短時間で強い麻酔効果が得られる麻酔法

 本サイトが推奨する「DPスティックを用いた2分間鼻腔麻酔法」について解説します。被検者を検査台に仰臥位とした後に鼻腔麻酔を開始します。鼻腔麻酔時間に要する時間は約2分ですので、次の検査までのインターバル(スコープを交換し、検査所見を記載する時間)の間に鼻腔麻酔を完了することができます。


実際の手技を動画でご覧ください。

「DPスティックを用いた2分間鼻腔麻酔法」の解説ビデオです。是非、ご覧下さい。


DPスティックを用いた2分間鼻腔麻酔法の手順を解説します

 被検者を検査台に仰臥位とし、体調を確認後に鼻腔麻酔を開始します。

カテーテルチップシリンジ(写真)にビスカス3mlを充填する。
 カテーテルチップシリンジで注入することで中鼻ルートから下鼻ルートまでの広い範囲にビスカスを注入すことができます。

<鼻腔麻酔スタート>
②挿入側外鼻孔からビスカス1mlを注入する。
 外鼻孔からビスカスを注入することで下鼻ルートにビスカスを流すことができます。

 

③シリンジを鼻背角度に合わせて3cm挿入し、ビスカス2mlを注入する。

 ビスカスを3cm挿入して注入することで上鼻ルートにビスカスを届かすことができます。
 

④咽頭に流れ落ちたビスカスは咽頭に溜めてもらう。
 
⑤DPスティックキシロカインスプレー液を塗布する。
    塗布法についてはコチラLinkIconを参照してください。
 
DPスティックの先端にキシロカインゼリーを塗布する。
写真はわかりやすくするためゼリーに青色を付けています。

⑦ビスカス注入1分後、DPスティックを鼻腔に挿入し、前後に3回動かし左右に3回軸回転する
    DPスティックを前後に動かし回転させることでディンプルに溜まった麻酔液を鼻粘膜に確実に浸透させることができます。

⑧1分後、DPスティックを抜去。
 
⑨咽頭のビスカスを吐き出してもらう。
 ビスカスは飲み込んでもらってもかまいませんが、胃内に流入したビスカスは観察の邪魔になるため、できるだけ吐き出してもらいます。
 

<前処置完了>

DPスティックに8%リドカインを塗布する方法

 DPスティックにのディンプル内にキシロカインスプレー液を確実に溜めることが重要です。そのため、尿検査用容器を使用して塗布する方法が有効です。
 
①尿検査容器内にキシロカインスプレー液を4回噴霧します。

 

DPスティックを容器内に入れて回転させながら薬液を付着させます。

  

③ディンプル内に薬液が十分に溜まっていることを確認します。